それでもかぶはぬけません

それでもかぶはぬけません

株 旅行 ゲーム グルメ サーバインフラ 映画などなど

2017/06/17 約1ヶ月ぶりの更新。ゲーム、バイオ中心に取引中

前回更新からだいぶさぼってしまい、気がつけば約1ヶ月ぶりの更新。

5月はデイトレのようにほぼ毎日取引する銘柄を変えていましたが、いまいち成果が伴わなかったので、これまで通り、スイングトレードに戻り、1週間くらいは保持するつもりでいたら、日記の更新も止まってしまいました。

とはいえこの1ヶ月を振り返ってみると結構取引してる。

ホールドする期間は平均2~3日くらいですね。


f:id:nikorichsmbc:20170617133841j:image f:id:nikorichsmbc:20170617134241j:image

 収支としてはプラス12万くらいなので、そこそこ成果が出せたと思います。

ここ最近はゲームとバイオを中心に取引を進めてきました。

この1ヶ月でKlab、オルトプラス、アエリア、サイバーステップを取引してきましたが、少しだけゲーム(ソシャゲ)銘柄の傾向が掴めてきました。

①新作ゲームリリース前はリリース期待で株価は上昇する傾向がある

②リリース後はゲームの評価とセールスランキング次第で株価が上昇するか下落するかが決まる

③セールスランキングの順位推移が株価に与える影響は大きい

 

①のパターンで株価が急騰したのが、Klabとオルトプラス。

Klabは「キャプテン翼」、オルトプラスは「結城友奈は勇者である」のリリース前に大きく株価を上げました。

同じくKlabとオルトプラスは②のパターンで リリース後に株価が大きく下落しました。

キャプテン翼」と「結城友奈は勇者である」はリリースまでは大きく期待されましたが、いざリリースされるとセールスランキングは奮わない結果となりました。

アエリアは決算発表後に株価を大きく下げましたが、主力ゲームである「A3!」の売上ランキングの上昇と株式分割が後押しになり、株価は上昇トレンドに戻りつつあります。

ちなみに現在保持しているのはアエリアです。
f:id:nikorichsmbc:20170617141200j:image

 

この1ヶ月の反省はオルトプラスの損切りができなかったこと。

これは完全に損切りルールを無視して、戻しを狙った結果の失敗。

直前の取引で大きく儲けていたため、油断と待てば上がるだろうという根拠のない自信があったのかもしれません。

反省点の2点目は売却した後(1~2日後)に大きく株価を上げた銘柄が多かったこと。

これは直近で上昇する何らかのシグナルを捉えていたにも関わらず、具体的なホールド期間などの計画がなかったことが原因だと思っています。

例えば、新作ゲームがリリースされるまでとか、損切りラインを下回るまでとか、IRが出るまでなど事前に取引計画をしっかり設定しておけばよかったと思います。

 

難しいのは上昇に転じるまでどれだけ我慢するかというところですが、直近の取引は高値掴みが多かったために、損切り後の上昇パターンが多かったのが痛かったです。

これからは参入タイミングを見直す必要がありますね。