それでもかぶはぬけません

それでもかぶはぬけません

27歳の男がレディースクリニックに行った話

昨日、妻と一緒にレディースクリニックに行き、ブライダルチェックを受けました。

 

 

ブライダルチェックとは

ブライダルチェックとは要は妊娠ができる健康体かどうかをチェックするもので、女性だけではなく、男性も検診を行います。

検査項目は下記のようになっています。

ブライダルチェックの検査内容は、通常の婦人科検診の検査項目に加えて、HIV感染症淋病性器ヘルペス梅毒などの性感染症の検査を行います。さらには風疹B型肝炎C型肝炎、貧血、肝臓や腎臓の機能などを調べます。

 

結婚前の新常識!ブライダルチェックの内容・料金・受診時期

私は今回、血液検査だけ受けてきました。

レディースクリニック潜入レポ

レディースクリニックに男が入るということで、なるべく診察時間ギリギリに行って、待合室で待つ時間は少なくしたいなぁと思っていましたが、初診なので診察の20分前くらいには病院に着いてしまいました。

緊張しながら妻と一緒に病院に入ると、待合室は大混雑!

今更言うまでもないことですが、当然女性以外はいない。

そして、恐れていたことが起こりました。

入った瞬間、待合室の女性から一斉に白い目を向けられました

f:id:nikorichsmbc:20170819185218j:plain

 もうこの時点で、一刻も早く病院から出たい気持ちでいっぱいでした。

この待合室で待たなくちゃいけないのか・・・と最悪の気分で席に座ろうとすると、受付のお姉さんから救いの言葉が。

 

「男性の方は下の階の待合室で待っていてください」

 

助かった!と思い、逃げるように下の階の待合室に向かいました。

下の階の待合室で待つこと30分ほど、なんの説明もなく誰か呼びに来てくれるのかもわからないし、またあの待合室を通らなくちゃいけないのかと思うと不安で仕方がありませんでした。

しばらくすると看護師の方が呼びに来てくれて、感染症の血液検査を行うという簡単な説明を受け、再び診察室に通じる魔の待合室を通ることになりました。

なるべく待合室の女性とは視線を合わさずにまっすぐ目の前だけを見て進み、妻を見つけたので隣に座りました。

採血が終わったらまた下の階の待合室に戻り、会計などはすべて妻に任せて病院を出ました。

 

男性の精液検査

採精とは「男性の精子を採取すること」です。

主に、人工授精や体外受精、また精子自体の検査などを目的に行われます。

採取といっても「オチンチンにスポイトを突っ込んで吸い取られる」とかそういう痛みを伴うようなものではなく(笑)、いわゆる「マスターベーション」を行うだけです。

そして、クリニック内で、この精液採取を行うために用意されている部屋が「採精室」です。

まあ、呼び名はそれぞれでしょうが、婉曲的に「メンズルーム」という言い方をする場合もも多いようです。

 

http://webdesign-ginou.com/hunin_saisyu

 上記のように病院の採精室やトイレで採精する場合もあるそうで、「採精室」とはどんな部屋なのか?噂の通り、採精するための本や雑誌が用意されているのか?など病院での採精事情は男性には気になるものです。

しかし今回私が行ったのがレディースクリニックだったためか、男性の精液検査は自宅で採精して妻が後日病院に持っていくという形で行うようです。

ネタとしてはおもしろくない展開になってしまいましたが、病院で採精というのもキツイのでちょっと安心しました。

 

男性不妊検査は男性専用のクリニックもあるそうです。

男性専用クリニックであれば、噂の採精室をお目にかかれたかもしれませんね。

 

広告を非表示にする