それでもかぶはぬけません

それでもかぶはぬけません

ついに新型SurfaceProを購入した。気になる使用感などをレポート

4~5年ほど使用していたVAIOさんの調子がどうもこの頃よろしくないということで、数か月前からノートPCの新調を検討していました。

ブログを始めるまではパソコン自体そこまで必要性を感じていなかったので、タブレット端末+スマホで大概は事足りていたんですが、ブログを書き始めるとやっぱりパソコンが一番作業しやすいことがわかりました。

 

 

これまでの作業環境

タブレット端末で記事を書いているときは大体こんな感じでした。

f:id:nikorichsmbc:20170826225215j:plain

タブレットのソフトウェアキーボードだけでは流石に作業しづらいので、タブレットBluetoothキーボードで作業をしていました。

しかし、このBluetoothキーボードがなかなかの曲者で、Bluetoothを認識してくれなかったり、はてなブログのアプリと相性が悪いのか、キーボード入力中に何度もはてなブログのアプリが強制終了していました。

 

パソコンの選定基準

まず私の場合、単身赴任でお家が二つあるので、パソコン選びの基準はいかに持ち運びが便利か!これが一番重要です。

なので、デスクトップパソコンは真っ先に除外ですね。

軽くて、なるべく付属品(マウスなど外付け機器)は少なくて済むようなノートパソコンを探していました。

そこで目を付けたのがSurfaceProとMacbookです。

一応、以前Macbookを使っていたこともあるので、Mac OSへの抵抗感はありません。

 

SurfacePro VS Macbook

SurfaceProとMacbookの比較について、簡単に言及している下記の記事を参考にしました。

重量だとSurfaceProは768~784g(キーボードありだと1078~1094g)に対して、Macbookは920g。バッテリーは13.5時間に対して、10時間です。なお、MacbookのCPUのパフォーマンスだとOffice製品を使ったテキスト中心の資料作成がメインの用途。動画や画像を駆使したプレゼン資料を作成するなどの、重い作業をしたいなら上位機種「MacBook Pro」の検討をすべきでしょう。

spotlight-media.jp

 

結果としては、持ち運びや外での使用を重視するならSurfacePro。

高いCPUパフォーマンスを活かして、動画編集や画像編集をするならMacbookというかんじ。

あとはSurfaceProはタブレットになるけど、Macbookは純粋なノートPCというかんじでしょうか。

私は特に動画編集とか画像編集のような重たい処理をするつもりはないので、SurfacePro一択かなと思いました。

CPUはCore i5くらいあれば、普通に使用する分には十分快適だと思います。

 

梅田のヨドバシカメラで買ってきました

梅田のヨドバシカメラに行って、早速SurfaceProを購入してきましたよ!

 Core i5のメモリ8GBのSSD 256GBのモデルを購入してきました。

価格とスペックのバランスがちょうどいいモデルで一番の売れ筋だそうです。

 購入したのはSurfacePro本体とキーボードの2点です。

使うかわからなかったので、今回タッチペンは購入しませんでした。

f:id:nikorichsmbc:20170826231155j:plain

f:id:nikorichsmbc:20170826231314j:plain

開封してみるとこんなかんじです。

キーボードはコバルトブルーを選択しました。写真では写りが悪くてあまり青には見えませんが、落ち着いた紺色のような色をしています。

f:id:nikorichsmbc:20170826231630j:plain

f:id:nikorichsmbc:20170826231651j:plain

さて、実際にSurfaceProを起動してみると...

シャベッタァァァ!!!

Windows10って、初期セットアップが音声ガイダンスなんですね!

久しぶりのPC購入だったもので、突然の音声ガイダンスに驚かされました。

しかもなんかイントネーションがおかしいな気がするし...

f:id:nikorichsmbc:20170826231825j:plain

初期セットアップが一通り完了したら、いよいよデスクトップが表示されてきました。

SurfaceProの純正キーボードは2万と正直かなり高いですが、使用感はとても良いです。

キーボードの素材はAlcantaraといって、スエード調人工皮革で本革と同じような手触りとメンテナンスの必要性がないことからベンツなどの高級車にも採用されているそうです。

うん、そう言われるとなんか高級感がある気がしてきたぞ。

f:id:nikorichsmbc:20170826232341j:plain

f:id:nikorichsmbc:20170826233123j:plain

ちなみにSurfaceProの電源ケーブルはマグネットタイプで端子に近づけるだけでくっつきます。

また、背面のスタンドはかなり傾斜をつけることが可能で、タブレットで絵を描くことがあればこれだけ傾斜するのは便利かもしれません。

新型のタッチペンが筆圧感知機能搭載のようなので、いずれタッチペンを購入してお絵描きも挑戦してみたいですね。

f:id:nikorichsmbc:20170826233313j:plain

f:id:nikorichsmbc:20170826233737j:plain

 

 以上、新型SurfaceProの使用感はいまのところ良好です。

 

広告を非表示にする